医療法人の設立認可を取得する場合

医療法人の設立認可を取得する場合

個人経営を営む個人商店が株式会社を設立することによりあらゆる税制優遇等を受けられるようになるなど、個人経営では所得税の累進課税累進課税とは、課税標準(租税を賦課する課税対象)が増えるほど、より高い税率を課する課税方式のことをいう。により、資金を内部留保内部留保とは、企業が経済活動を通して獲得した利益のうち、企業 内部へ再投資することで蓄積された部分、あるいはそのように利益を蓄積することである。することは困難ですが、株式会社化により税負担が軽減され、新たな設備投資の資金の留保も可能となります。個人経営とは、まさに私財を投げ打つものであって、個人商店と違って医療機関の開設時においてそれは、膨大な額となります。そこで国は、株式会社制度と同様に医療法人制度を創設し、出資、寄付を募ることで、開業時に大きな負担となる資本集積の途を開いたのです。 この様に個人経営では難しい資本の蓄積を「医療法人化」によって、また、家計と経営を分離することで医療機関の経営の近代化が進められたということがいえます。 設立手続きは関係行政庁、所属医師会などと連携し進めていくことが前提となりますので非常に専門性が高く煩雑な手続きを要します。

当事務所では、専門家である担当の司法書士・行政書士が一体となり医療法人医療法人とは、病院、医師や歯科医師が常勤する診療所、または 介護老人保健施設の開設・所有を目的とする法人である。の新規設立から設立後の医療機関の更新、変更の届出などあらゆる行政手続きをサポート行い、担当の行政書士行政書士とは、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。が代理して作成し、手続きの円満なご支援いたします。 なお、電話によるお問い合わせ大阪の法務・法律相談なら濱岡司法書士行政書士事務所へ
TEL:06-6796-1406 FAX:06-6796-1407
【業務地域】
北区|都島区|福島区|此花区|中央区|西区|港区|大正区|天王寺区|浪速区|西淀川区|淀川区|東淀川区|東成区|生野区|旭区|城東区|鶴見区|阿倍野区|住之江区|住吉区|東住吉区|平野区|西成区、兵庫県、奈良県、京都府など、
遠方の方にもご利用いただいております。
は無料です。お気軽にお申し付けください。

  • 医療法人の設立認可を取得する場合

    医療法人の設立認可を取得する場合

  • 建設業許認可を取得する場合

    建設業許認可を取得する場合

  • 建設業許認可を取得する場合

    出資持分のない医療法人への移行

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • Q&Aを確認する
  • 濱岡司法書士行政書士事務所のオフィシャルブログで法律相談
  • 濱岡司法書士行政書士事務所|facebookで法律情報を配信
  • 日本留学サイト

最新情報