建設業許認可を取得する場合

建設業許認可を取得する場合

建設業については、一品受注生産であるため発注者があらかじめ品質を確認できないこと、不適正な施工があったとしても完全に修復するのが困難であること、完成後には瑕疵の有無を確認することが困難であることなど建設生産物の特性に加え、特に工事現場においては、建設業者の組織として有する能力と施工管理者である技術者の個人として有する能力が相まって発揮されることにより、初めて適正な建設工事の施工が可能となるということができます。 そのようなことから、建設業に関しては、建設業法建設業法とは、建設工事の適正な施工を確保するとともに建設業の健全な発展に資することを 目的に昭和24年に制定された法律。内容は、建設業者の許可条件、請負契約の適正化の確保、 請負契約に関する紛争の処理、施工技術の確保、建設業者の経営事項の審査・監督、などを定めている。により、施工能力、資力、信用がある者に限りその営業を認める許可制度が定められています。

当事務所では、建設業許可取得建設業許可を受けるためには「経営力」「技術力」「誠実性」「財産的基礎」等について、一定の要件が必要です。から許可取得後に必要な経営事項審査、それに伴う公共工事の入札参加資格の取得、電子入札システム参加ID等の登録からパソコンのネットワークの設定、その他行政手続きに関する相談におけるまであらゆる手続きをサポートを行い、 担当の行政書士行政書士とは、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。が代理して作成し、手続きの円満なご支援いたします。なお、電話によるお問い合わせ大阪の法務・法律相談なら濱岡司法書士行政書士事務所へ
TEL:06-6796-1406 FAX:06-6796-1407
【業務地域】
北区|都島区|福島区|此花区|中央区|西区|港区|大正区|天王寺区|浪速区|西淀川区|淀川区|東淀川区|東成区|生野区|旭区|城東区|鶴見区|阿倍野区|住之江区|住吉区|東住吉区|平野区|西成区、兵庫県、奈良県、京都府など、
遠方の方にもご利用いただいております。
は無料です。お気軽にお申し付けください。

  • 医療法人の設立認可を取得する場合

    医療法人の設立認可を取得する場合

  • 建設業許認可を取得する場合

    建設業許認可を取得する場合

  • 建設業許認可を取得する場合

    出資持分のない医療法人への移行

  • Q&Aを確認する

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • Q&Aを確認する
  • 濱岡司法書士行政書士事務所のオフィシャルブログで法律相談
  • 濱岡司法書士行政書士事務所|facebookで法律情報を配信
  • 日本留学サイト

最新情報